• 『タッチケア』は人間関係を良好にするため新しく考えられた施術方法です。障がい者様、支援者様ともに笑顔を届けます

お知らせ

日本福祉タッチケア協会とは

障がいを持つ方と、施設職員様、双方に寄り添い人間関係を良好にし、笑顔があふれる場所を提供する『タッチケア』の普及を目指す一般社団法人です。

理事長あいさつ

 2018年に、障がいのある方の支援施設「ピアしらとり」を運営する社会福祉法人征峯会様とご縁をいただきました。征峯会の渡辺理事長は、障がいを持つ方の笑顔が見たいのに現在の支援環境では職員、利用者様のお互いの気持ちに距離があると感じていたそうです。「人間関係が良い場所には自然と笑顔が溢れる」との思いからもっとお互いの距離を縮める方法は無いかと悩まれていたそうです。また、世の中でたびたび障がい者施設での虐待問題が取り上げられることにも心を痛まれておりました。私は、マッサージやリラクゼーションの仕事を50年程しております。施術には、幸福感を高める良さがあり、その施術から何か打開策があるのではないかと考えオキシトシンに着目した「タッチケア」を生み出しました。その年の年末に、征峯会様を訪問させていただき施術を行うと、普段はなかなか笑顔を見せない利用者様から笑顔が溢れ、職員の方もとても驚かれていたのを鮮明に記憶しております。「タッチケア」は、利用者様のみならず、施術する側である福祉現場で働く職員の方にも笑顔が連鎖する施術です。この良さを、沢山の方々に知っていただき、良好な環境を創れるお手伝いが出来るよう協会活動を推進してまいります。

一般社団法人 日本福祉タッチケア協会
理事長 鈴木 明

専務理事あいさつ

 私は、福祉の現場に立ち25年以上が経ちました。私が代表を務めます社会福祉法人征峯会では、「最高の笑顔をあなたに」の理念のもと、笑顔があふれる良好な人間関係の環境を作りたいと考えております。しかし、利用者様の重度化や高齢化、業務の複雑化などが進み、利用者様と職員の笑顔がいつの間にか少なくなっていると感じるようになりました。
そんな悩みを抱えている時に、ご縁を頂き「タッチケア」と出会いました。この技術を導入して以来、利用者様のみならず、職員にも笑顔が溢れ、人間関係が良好になっているのを実感しています。「タッチケア」は、仕事にやり甲斐をもたらし、笑顔をもたらす魔法のようなツールです。全国の福祉業界に、この良さをお届けしたいという想いから協会を立ち上げる決意を致しました。

一般社団法人 日本福祉タッチケア協会
専務理事 渡辺 和成


(c) 日本福祉タッチケア協会 All Rights Reserved.